スキンケアの基本/乾燥肌・敏感肌のスキンケア

辛い乾燥肌、そして、その乾燥肌が招く敏感肌。敏感肌にまで進行してしまった場合には、ちょっとした肌への刺激ですら、肌の痒み・痛さ・赤くなる・ゴワゴワするなど、コンディションの悪化につながってしまいます。

 

そのような、敏感肌の状態から抜け出すためには、生活習慣の改善・食生活の改善・普段のスキンケアの見直しが重要なカギとなります。

 

そこで今回は、乾燥肌・敏感肌の方が選ぶべきスキンケアアイテムについてご紹介いたします。

 

【スキンケアの基本/乾燥肌・敏感肌向けスキンケア】

≪乾燥・敏感肌のメカニズム≫

敏感肌とは、外的刺激に極端に弱くなった肌のこと。肌が敏感肌になってしまうのは、肌の乾燥が主な原因だと言われています。

 

肌が健康な状態ならば、肌の表面直下に存在している角質層内が水分で満たされ、肌を外部刺激から守ってくれる「バリアゾーン」としての機能を発揮します。

 

しかし、何らかの原因で肌が極端に乾燥してしまった場合には、バリアゾーン内の水分が減少し、肌の角質層は「スカスカ」の状態になります。

 

こうなると、肌内部の角質層はバリアゾーンとしての機能を失い、肌は外部からの刺激をまともにうけてしまいます。

 

これが、乾燥・敏感肌が外的刺激に弱く、肌トラブルを起こす原因なのです。

 

≪乾燥・敏感肌のスキンケア≫

肌の水分量が低下する原因は、食生活の乱れ・タバコやお酒等の嗜好品による影響・カラダの冷え・運動不足・睡眠不足などなど、ありとあらゆる原因でひきおこされると言われています。

 

これらの原因にアプローチするのが最も大切なのですが、原因をつかむことも、それに対アして的確にアプローチする事も案外難しく、同時に時間のかかる方法です。場合によっては専門家のサポートを必要とします。

 

これらへの着手を行うのがベストな方法ですが、その前に、まずは自力で取り組んでみたいと言う場合には、スキンケアの見直しを計ってみましょう。

 

〈クレンジング〉

乾燥・敏感肌を招く原因は肌の乾燥です。

 

そして、その肌の乾燥を招く要因の1つが、強すぎるクレンジングによる、皮脂の落とし過ぎだど考えられます。

 

乾燥肌を改善するためには、メイクは落として、必要な皮脂はできる限り落とさない。そんなタイプのクレンジングを選択する必要があります。

 

そうなると、避けるべきはオイルクレンジングとなります。オイルクレンジングの多くは、クレンジング力が高く、ウォータープルーフのメイクでさえ綺麗にオフしてくれます。しかし、それが必要な皮脂をオフする原因にもなっているのです。

 

そこで、選ぶべきはミルク・ゲル・ウォータータイプの優しくメイクオフするクレンジングです。

 

そして、目元と口元はポイントリムーバで優しくオフしましょう。

 

〈洗顔料〉

多くの洗顔料には、添加物や合成界面活性剤が使用されています。これらは肌の角質層にまで浸透し、それが肌への刺激となり、肌トラブルに発展する事がありますので、洗顔には、不純物を含まない純石鹸をチョイスしましょう。

 

純石鹸ならば、含まれる界面活性剤は天然成分。もちろん添加物も含まれていませんので、肌に低刺激の状態で洗顔する事ができるのです。

 

〈保湿成分〉

肌の保湿成分は、角質層に存在する細胞間脂質(セラミドなど)が80%、NMF(肌内部に水分を保持する力を持つ肌細胞)と呼ばれる天然保湿成分が18%、皮脂(肌から分泌される油)が2%程度の割合で保たれています。

 

化粧水・ローション・フェイスマスクなど、肌の保湿を行うアイテムを選択する時には、単に水分を届けるのではなく、これら保湿成分を届ける必要があるという事を意識して保湿成分を選択しましょう。そこで選ぶべきは細胞間脂質(セラミドなど)の油を含む保湿剤です。

 

そして、洗顔後の肌にはタイムラグ「0/ゼロ」で保湿成分を届ける必要がありますので、洗顔後のタオルドライから保湿に至るステップは丁寧にかつ素早く行いましょう。

 

〈乳液・クリーム〉

敏感肌の場合には、乳液やクリームは必要最低限として、まずは保湿に努めましょう。

 

美白・引き締め成分など、肌に届けたい有効成分は多々あると思いますが、敏感肌の場合には、こういった有効成分でさえ肌の刺激になる、あるいは含まれていた添加物が原因で、肌が荒れてしまったなどの思わぬトラブルを招くことがあります。

 

敏感肌がある程度改善するまでは、保湿以外の有効成分はガマンが必要です。

 

まずは乾燥・敏感肌の改善を最優先に行い、肌の状態が安定したあとで、美白・引き締めなどに着手しましょう。

>>アヤナスの良い口コミは本当?実際に使った結果を比較!果たしてその実力とは?

【まとめ】

乾燥・敏感肌向けスキンケアの基本についてご紹介しました。なぜ、肌が乾燥・敏感肌になっているのか?スキンケアアイテムは何を避けて何を選ぶべきか、もう一度見直してみてください。

 

そうする事で、敏感肌が改善され、普通肌へのシフト、そして美肌への第一歩を踏み出す事が可能になります。

 

「敏感肌のスキンケアはシンプルに、確実に保湿を行う」を心がけて行いましょう。

白髪は本当に染まるの? キュプアス シリーズ キュプアスカラーバター

ついに来ました、キュプアス シリーズ キュプアスカラーバター。ちょっと前から気になっていたこの白髪対策アイテム。

 

いったい何なのと思っていたら、これもカラートリートメントの種類なのですね。知らなかったです、ワタシ。これを使った方の口コミ、どんな感じなのでしょうか?興味深々です。

 

では、早速調査開始です。

 

【キュプアス シリーズ キュプアスカラーバター 口コミ・満足度】

《メーカー情報》

■会社名: 株式会社エルコス

■本社:東京都板橋区

■創業:オフィシャルページ内未記載

 

《口コミと満足度》

((*^^)v大満足です)

これは色がたくさんあって、染めたい色合いによって色の選択をする事とか、複数の色を混ぜ合わせるとか、あるいは白髪をきっちり染めたい場合にはプラスワンクリームが必要だったりと、一般的なトリートメントカラーの手軽さを求める方には向かないアイテムかもしれません。

 

ただし、面倒なのは最初の数回だけで、自分のパターンが決まったら、その後は楽々カラーリングできます。この、キュプアスカラーバターは、自分の好きな色に染める事が出来るので、そこまでの手間をかけるだけの価値があるのです。

 

私の場合、試行錯誤の結果、ディープブラウンを単品で使用するのが一番という結論でした。色はしっかりと入ってくれますし、1週間に1回のケアで白髪が目立たない状態をキープできるのが良いですね。髪のダメージもそんなに気にならないので、ずっと使うと思います。

 

((*^^)vよい商品ですネ)

30代後半です。白髪はちらほら程度ですが、目立つ場所にあるので、このキュプアス シリーズでいつもケアしています。

 

カラーバターを混ぜ合わせるのは面倒なので、単色使いですが、白髪を染めたいので、プラスワンクリームは必ず使っています。

 

爪周辺が汚れるのは嫌なので、染める時には必ずビニール手袋を使います。たっぷりの量を髪の毛全体に塗り込んで、ラップ&アルミキャップをかぶって約20分間置きます。

 

使用後には専用トリートメントでケアするからか、これまで髪のダメージを感じた事はないですね。

 

色の入り具合も満足。白髪も染まっていますし、それ以外の髪全体にも色が入って馴染んでいます。

 

白髪部分は結構早いタイミングで退色し、2週間もたったらキラキラ白髪になっていました。でも、これは白髪染め専用の薬剤ではなく、トリートメントカラーなので、色持ちは充分だと思っています。

 

色持ちの良いカラー剤を称しても、結局2週間もすれば生え際白髪が目立ってくるタイミングですので、どっちにしてもケアが必要。そんな感じなので、私は2週間に1回のお手入れでこの状態なのでとっても満足しています。

 

ただ、洋服などへの色移りには神経質になりますね。染めた後3日から1週間程度は白い洋服を着ないように注意しています。

 

((*^^)v発色が良いです)

縮毛強制後、全体的に白髪が目立ってしまいます。でも、縮毛強制後は普通の白髪染めはできませんし、マニキュアをすれば、他のカラーリング剤は使用できなくなります。

 

なのに、一般的なトリートメントカラーでは、縮毛強制後の髪の毛はほとんど色が入りません。

 

という事で、縮毛強制後の1か月程度は、白髪に悩む日々でした。でも、このキュプアスカラーバターに出会って解決しました。

 

縮毛矯正直後にも使用できますし、色もしっかりと入ります。10分程度の短時間でも充分染まりますので、白髪が多くて縮毛矯正が必須の私には無くてはならない存在です。

 

今のところ、毎回同じ色に染めていますが、キュプアスカラーバターはカラーバリエーションが豊富なので、もう少し明るい髪色にチェンジ出来るのでは?と期待しています。

 

次回の縮毛強制後の髪色が薄くなったタイミングで挑戦してみるつもりです。

参照サイト様>【シララボ】白髪染めで「もう」失敗したくない方のためのサイト

(( 一一)結構痛むよね)

手軽に染められるし、価格もそう高くない。でも、髪の毛へのダメージは半端ないと思うのです。私だけかもしれませんが…

 

繰り返す度にダメージを感じるので、これならロレアルパリの白髪専用カラーリング剤の方が痛まないと思います。プラスワンクリームが痛みの原因かもしれませんが、これを使用しないと色が入らないので仕方ないです。

 

白髪をしっかり染めたいのならば、専用の白髪染めでいいのでは?と思いますし、痛まないように白髪ケアしたいのならば、染まりの良いカラートリートメントを探した方がいいのでは?と思います。

 

((*^^)v2回で色が入りました)

白髪は少ないのですが、何もしないと目立つので、普段は美容室でケアしています。しかし、美容室のケアにも問題が。

 

カラーリング直後から2週間程度はとってもいいカンジなのですが、髪が伸びてくると急激に白髪が目立ってしまい、1か月を迎える頃には白い部分と染めた部分が選を引いたようにはっきりするので、逆にかっこ悪いですね。私は帽子でごまかして生活していました。

 

そこで、このキュプアスに挑戦。色を混ぜたりするの面倒なので、単色使いで白髪ケアしています。2回続けて染めても、1週間で退色しますが、元々そういう商品だと説明を受けて購入していたので、違和感はありません。

 

色も豊富で楽しめるので私はこれで決まりです。

 

【まとめ】

いわゆるオールインワンのトリートメントカラーではなく、目的に合わせてカスタマイズできるアイテムなのですね。

 

色も豊富で、使い勝手も良く、染まり具合も悪くない。しかも、低コストなると使わない手はありません。

 

ただ、痛みが激しいという意見はとっても気になるところです。先ずは最低限購入して、テストしてみる。そんな感じで慎重に使ってみたいと思いました。